忍者ブログ
カウンター
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
[02/10 watari]
[02/09 あるちゅ~]
[01/29 watari]
[01/29 watari]
[01/26 あるちゅ~]
プロフィール
HN:
ラ・トータス
年齢:
29
性別:
非公開
誕生日:
1987/10/01
自己紹介:
ラ・トータスのトータスは陸亀です。
亀のようにゆっくりまったり
イきましょう♪♪
***
ハイシーズーン♪
ブログ内検索
[1] [2] [3] [4] [5]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

古い記事ですが、内容は普遍的なものですので紹介してみます。

新陳代謝だと思って新しい集団を形成していってもいいのだとも

思いますが、世代間のつながりが切れるのは残念ですよね。

また、その集団に所属するステータスみたいのがあると、持続力

や活性化につながるかなー。憧れの存在とかね。

競技レベルの高い民間クラブチームっていいな。

長くてすみません。

元ネタです。

>>>>>>>>>>><<<<<<<<<<<<

ボート好きの仲間15人が漕艇クラブを結成したのはもう25年も前である。一人で漕ぐより、大勢の方が楽しいと言うのが理由であった。クラブの名前は以前にあった先輩クラブの名前をそのまま頂戴した。瀬田川には昔より学校や企業また、そのOB達の集まり等のいろいろな漕艇クラブがある。

我々のような形態のクラブは私の知るかぎりでは四代目だった。なぜ同じ地域で四代も漕艇クラブが生まれて消えたのかを先ず、自説を交えて解説する。

民間地域クラブは営利団体ではないからリーダとメンバー間には企業組織内の雇用、非雇用者関係からうまれる意志伝達や統率力は期待できない。また学校クラブのような先輩から後輩への強制力も希薄である。 多くの場合は限られたリーダ達の並はずれた情熱、行動力、財力がクラブの活動の総てを支えている。他のメンバーはほとんど運営には無関心でも支障はない。しかし、人は必ず歳をとる。リーダの人生と共にクラブ運営も次第に活力を失っていく。もともと組織的運営や後継者育成はしていなかったからクラブは衰退し、最後は消滅する。しばらくして、別のリーダが出現して新しいクラブが生まれ、活動を始める。これをこの地域で四世代繰り返してきた。このような解釈をしてもそんなに外れていないように思う。

もっとも、どんなに完璧と思える組織や運営システムを構築しても時代の進化とともに陳腐化してしまう。人の作った組織の寿命は三十年くらいとどこかで聞いたことがある。現代はもっと環境変化の速度が早いだろう。それらを考え合わせると25年目を迎える我々は客観的にはかなり難しい時期に差しかかっているとの認識でいた。

そんな折りにNPO(特定非営利活動)法人の制度ができた。法人化によって新たな活力を得ることを期待して法人化への検討をはじめた。補助金ねらいかと陰口も聞こえた。正直、当初はそんな考えの部分もあった。しかし、クラブの指導者達の目標は明確で自分のための趣味、娯楽の集まりから社会的役割を担う団体になることにあった。具体的にはクラブの変身ではなく、過去との決別をして、ここで自発的に解散する。次に全く別人のNPO法人を結成することで新しい生命を得ることである。そして法人化がスタートして一年が経過した。ところが人材と資産を受け継いでいることが良きにも悪しきにも影響をあたえてしまっている。人が同じで組織と理念だけが生まれ代わるのは容易ではないことを痛感させられて いる。

スポーツ分野のNPOは先駆者が少ない、そして始まりが同好者団体であったことが運営をもたもたさせる時もある。しかし、官製の地域総合スポーツクラブ創設運動に圧倒されることなく永年積み上げてきたボート競技のプロ集団としてのノウハウを社会に還元したい。この瀬田川の第五代目のクラブに暖かい支援をお願いしたい。

この記事は、2002-3-29に京都新聞に掲載されました。

>>>>>>>><<<<<<<<<<

勝手に引用してます、すみません。
>>watari<<


PR
今年もラ・トータスblogをよろしくお願いいたします。


最近はチームとしての話題がすくなく(多分に自分の多忙ゆえ)、

毎日ちら見していただいている皆様には申し訳ないと思って

おりますが、いやはや何とも…。


ところで、まあ時期が時期ですのでスキーの話ですが、毎度

おなじみ「テレマークポール合宿」やります!日時とかなんにも

決めてませんが、1月と2月で1回ずつくらい企画しようかと思って

います。また、土曜ナイターでのポール練習も希望者がいれば

随時企画します。日時や内容のリクエストやアイデア等、大歓迎

ですのでどしどしお寄せください。


今年のコンセプトは「みんなで」楽しむことと考えています。参加者

があってなんぼですので、みんなで集まって楽しみませう♪

110103_01.JPG





※写真提供(勝手に使用)>gaki君。

>>watari<<
kara's Flowersって。Maroon5の前身だったって。

101003_kara.jpg










どうでもいいですが。

みなさんお元気ですか?
>>watari<<
会社から強制的に1週間の休みを取らされ、せっかくながでいろいろ

とやりたいことを処理してみました。

まず、乗りっぱなしだったクルマのお手入れ。
100906_fit.jpg









↑ドラシャ(アウター)ブーツ交換。転ばぬ先に、ね。ほかにベルト交換。

タイミングベルトがないのがうれしいがです♪

100906_cv_joint.jpg









↑昔はアウター側はモリブデングリスが常識でしたが、いまは

こんなカスタードクリームみたいなグリスなんですねえ。

100906_moto.jpg







↑ついでながで、家に帰ってバイクのエンジン復活。ドリフトの

練習も再開か…?B君にもらった革ツナギも着んと。

100907_bike.jpg









↑今週前半は猛暑の続きで、走ってはみるものの全く脚が廻らない。

たった30kmながだけど、つらかった…。

100907_surfin.jpg









↑そのあとは、前から声をかけていただいていた、筆おろしサーヒン。

やりまくり、とまではイかず。


あとは…サーヒンもういっかいと、ぞうぞう合宿試走で穴水~珠洲の

調査、新しいスキーウェアを入手、レース用のスキー板の検討、

稲刈り、ひさびさの荒山→原山周回で自分の弱さを確認、など。


なんだか最近はチームblogぽくないですが、まあこんな時期もある

でしょう。細くとも、長く続けていこうと思っとります。またしばらくは

多忙を極める日々が続くと思われますがね。


カラダが痛いが…あしたもサーヒンか?

>>watari<<
051120.JPG







も一回滑ろーと思いつつ、いつの間にか8月です。玄関に準備されている

3台のスキーは、11月に活躍してくれることでしょう。写真は05年11月20日

の立山ですね。このときは良かったですねー。このときがいちばんよかった

かも知れません。


さて、自分の連続出勤記録も更新中でして、して今月の給与振込額も

生涯記録を更新しました♪サラリーマンやってたら、たぶん一生この額は

越えない?そんな気がしました。越えなくていいから休みたい…。


自転車企画、ヤマ企画も頭んなかでは進行チュですが、いかんせん時間

がありません。まあ、平地は暑いですしヤマは天候の変わりやすい季節

だし、もう少し熟成させようかな。


さて、我が家にはラー油があります。食べるやつではありません。

100711_01.JPG









たまに食卓に供されますが、使用する勇気がありません。こんどキャンプ

などがあれば持参したいと思います。20世紀の遺産ですね。

>>watari<<
忍者ブログ [PR]